realforce

Gamer Book

日曜日, 7月 17, 2005

FreeBSD5.4 と nForce内蔵RAID

本日、2台のHDDが届いた。 WestanDigital製のWD740GD-00FLA2(WD Raptor)という、低価格なSATA接続ドライブで10000rpmという、一般世間に蔓延する「大容量こそHDDの真髄!」という風潮をものともしない、いかにも特定のマニア層狙いな製品である。

さて、今回この製品を2台用意したのは、他でもない「NVIDIA nForce4 Ultra Southbride RAID Controller」(以下NVIDIA RAID)を試すためである。このNVIDIA RAIDとは、マザーボード上のサウスブリッジに直結し、余計なバスを一切介さず、最短ルートを通る事で、一枚10万円以上する超高級RAIDカードをも遙かに凌駕する超高性能を発揮するであろう、というコンセプトのモノである。

「直結」というコンセプト自体は、Intel社が「ICH5」で披露したもので、「Pentium4は大して早くないが、マザーボード内蔵のLANやSATAは超高性能、総合性能はAMDよりIntelが上」という風潮を生み出した。その「直結」というコンセプトをパクり、更なる改良を加えたと言われるのが、NVIDIA RAIDである。

早速nForce4マザーボードにHDDを2台繋いでみる。 RAIDの構築自体はBIOSから設定可能であり簡単に終わった。 そしてFreeBSD5.4/amd64をインストール開始。

しかし、ここで問題発生。

「ドライバがない」

いきなり挫折である。

ICH5の時は一般的なATA RAIDとして認識し、arデバイスとして簡単に利用可能であったが、どうやらnForce4だとSCSI RAIDとして認識してしまい「汎用ドライバが使えない」という状況に陥ってしまった。 残念ながら、今日も諦める事にする。Windows以外の環境で、AMD製品向けのドライバが致命的なほど少なく、一般の方には鬼門かもしれない。

posted by Xune @ 20:14   links to this post 1 comments

1コメント:

At 2005年9月27日火曜日 21:40:00 JST, Blogger mandymartin2208 said...

i thought your blog was cool and i think you may like this cool Website. now just Click Here

 

コメントを投稿

この記事へのリンク一覧:

リンクを作成 | バックリンクについて | バックリンク一覧

Previous Posts