realforce

Gamer Book

木曜日, 9月 28, 2006

世界初、TDKが6層青色光ディスク 容量200GB

TDKは27日、データの記録層を世界で初めて片面6層にし、記録容量を200ギガ(1ギガは10億)バイトに高めた青色光ディスクの開発に成功したことを明らかにした。すでに試作品も完成しており、数年内の実用化を目指す。家庭用パソコン1台に匹敵するデータを1枚のディスクに保存でき、ハイビジョン映像を18時間録画できるという。次世代DVD規格「ブルーレイ・ディスク(BD)」に対応しており、「HD DVD」との規格争いにも影響を与えそうだ。

ディスク1枚で200GB。 さて、こんなもの何に使うのでしょうか。 単純に考えても、デジタル放送を録画し、ムーブ失敗など目も当てれない結果の被害規模を大きくするだけですね。

一部では、「バックアップ用途」などと言われていますが、いくらハードコートで頑丈だと言っても、記録面が剥き出しのディスクなど怖くて200GBも使えないですし、既にLTO (Linear Tape-Open)などのテープドライブは、容量も1巻当たり400GB(標準)、800GB(2:1圧縮時)などと大きく、信頼性にも圧倒的な差があります。

上記には「BDに対応しており云々」と書かれておりますが、そもそも現行BDドライブで読み込める(使える)のでしょうか?常識的に考えて無理だと思います。つまり、ここで言う「影響力」は、「はったり」「素人を欺す営業手段」でしかないのです。

毎度のように、マスコミまで一体となって一般消費者を騙している構図ですね。まぁ、商売なんでイヤとは言えないのでしょうが。

今、BDやHD DVDと言った「次世代DVD」と呼ばれるモノを売りたい人達は必死です。 なぜなら、「消費者に熱望されていない商品を「一方的に」売りたい(売らなければならない)」からです。 この手の記録メディアに限らず、「業界標準」になれば、必ずといって莫大な利益を生み出します。はっきりって次世代DVDに利点は皆無です。

では、次世代DVDでなければ何が次世代の記録メディアとなるのか。 ホログラムディスクという意見も聞こえてきますが、これは次次世代でしょう。 で、次世代の記録メディアとは?私はフラッシュメモリでは無いかと思っています。 特にSDカードがベースの記録メディアが今後の主流になるのではないかと思っております。

次世代DVDなどと呼ばれているものは、次世代とか言うくせに、古くさいモーターなどの機械的な可動部があります。つまり、小型化や省電力化・静穏化には不向きなのです。対して、フラッシュメモリ製品群には、そのような部品はありません。光学メディアと比べると長期保存に向かないと言われますが、そもそも酸化しやすい光学メディアも長期保存には向かないでしょう。フラッシュメモリは、近年、急激に成長した分野なので、まだ信頼性などは微妙ですが、現状の異常なまでの技術革新の早さが続くのであれば、なんとでもなるのではないかと思っております。

今後の記録メディアの形として、他所での散々既出ですが、「ネット配信」「オンラインストレージ」「フラッシュメモリ」に集約されるのではないでしょうか。 光学メディアなど、その他は恐竜の如く全滅。 テープドライブなどの製品は「ネット配信」「オンラインストレージ」などを裏で支える重要な役回りで生き残るでしょうが。

posted by Xune @ 11:28   links to this post 0 comments

0コメント:

コメントを投稿

この記事へのリンク一覧:

リンクを作成 | バックリンクについて | バックリンク一覧

Previous Posts