realforce

Gamer Book

木曜日, 9月 28, 2006

宇多田純子(藤圭子)、米で麻薬関連の疑いで現金没収か

以下は、元記事をエキサイト翻訳にかけて若干手直ししたものです。基本的に機械翻訳であり、誤訳等が沢山あるかもしれませんが、ご了承ください。

9月27日--連邦検察によると、日本最大級の芸能人の1人、宇多田ヒカルさんの母親(藤圭子こと宇多田純子)が、麻薬の売上金の疑いのある現金40万ドル以上を持ち、ニューヨークからラスベガスまで飛行機に乗ろうとしたところを捕らえられた。連邦検察は押収した現金の没収を申請している。

3月に、JFK空港の警備装置(???)が、宇多田純子(藤圭子)の機内持ち込み手荷物から、お金を発見しました。

宇多田純子(藤圭子)の23歳になる娘、宇多田ヒカルは、日本のブリトニー・スピアーズと言われており、日本で4000万枚以上のアルバムを販売し、彼女のデビューアルバムは日本国内史上最高の売り上げ枚数を記録している。

検査官によると、3月6日にアメリカ・ウェスト航空の飛行機の登場を待っている際に、電話に向かい叫んでいるのを見て、「非常に病的に見えた」ため、麻薬取締局の職員が声をかけた。

宇多田純子(藤圭子)は麻薬取締局の職員の質問に対し、この数十万ドルの現金はマンハッタン・ミニ・ストレージ金庫(銀行?)に預けてあったものを引き出したものだと言い、また一部のお金はギャンブルで稼いだものだと言い加えた。

連邦検察官によって起こされた没収告訴によれば、お金(100ドル札が4149枚)が束ねられて、紙で包装され、輪ゴムで固定されて、2つの大きなプラスチック(ビニール?)のジップロックに入れられていたという。 また、職員は、いくらかのオーストラリアとカナダの通貨も押収しており、9月25日の訴状によれば、押収総額は42万1489.44ドルになった。

麻薬取締局の職員の報告では、宇多田純子(藤圭子)は、「質問に答えず」、40万ドルはラスベガスの孤児院に寄付する計画だと主張したが、その孤児院には一度も訪れたことがなく、名前を思い出すこともできなかったという。

現金が押収された後、麻薬取締局の職員は証拠物件袋に入れ、「訓練された麻薬捜査犬を使って検査」を行った。捜査犬は「現金に吠え、規制物質(麻薬)の跡を示した」という。

検察は現金が麻薬の売上金か、あるいは麻薬購入に充てようとしていた疑いがあるとして没収を求めている。

また、元歌手の宇多田純子(藤圭子)は、弁護士を通じ、司法省に対して、麻薬取締局との「所有権の主張」を申請し、没収手続きを司法判断に委ねるよう要求している。

posted by Xune @ 16:36   links to this post 0 comments

0コメント:

コメントを投稿

この記事へのリンク一覧:

リンクを作成 | バックリンクについて | バックリンク一覧

Previous Posts