realforce

Gamer Book

水曜日, 9月 27, 2006

次世代ビデオカードG80ことGeForce8800発売間近

最近、「次世代ビデオカード」と呼ばれていたG80(GeForce 8800 GTX/GT)の情報をみかけるようになってきました。 予定では11月中には発売されるとのことで、各方面で徐々に盛り上がってまいりましたが、その情報群によると、GeForce8800系では、独立型のシェーダアーキテクチャではなく、統合型のシェーダアーキテクチャを採用するものになるらしい。

「独立型シェーダアーキテクチャ」というのは、よくPCパーツ雑誌などのスペック表で見かける「ピクセルシェーダ24器、バーテックスシェーダ8器搭載」という構成の品の事です。

対して、「統合型シェーダアーキテクチャ」とは、時と場合によってピクセルシェーダにもバーテックスシェーダにもなる、汎用シェーダを搭載した品の事です。これは、GPUの無駄な空き時間を徹底して無くし、回路フル回転させるべく考えられたテクノロジーであり、XBOX360用ATi製GPUなど(XBOX360以外では見たことも聞いた事もないですが)で採用された技術です。

Geforce7900とGeForce8800を比較すると、トランジスタ数2倍以上、コアクロック2倍以上、GeForce7900の独立型シェーダアーキテクチャに対してGeForce8800の統合型シェーダアーキテクチャ性能は、ピクセルシェーダ時2倍、バーテックスシェーダ時12倍くらいという凄まじ仕様です。

最上位モデルGTXは、「消費電力175W」「水冷+空冷のハイブリッド」という鬼仕様。「PCパーツのなので一番消費電力が高いのはビデオカード」という恐ろしい時代になったものです。そろそろ外付け電源仕様のビデオカードとかも出てきそうな勢いです。私的には、この仕様で、二階建て仕様のGeForce8850GX2が出るのか、そもそも出せるのか、が気になります。

余談ですが、この前、GIGABYTEのGeForce7950GX2を買ってきて、開発機に搭載してみました。で、早速、3Dmark2006を動かしてみて「すげー」と思ったくらいで、普段ゲームとかもやらないので、使い道がなかったりします。あんまり儲からないのでゲーム開発の予定もありませんし。今後Vistaで活躍してくれると信じて後5年くらい使ってやろうと思います。時期的に、かなり先走ったかもしれませんが。

  • Unified Shader Architecture
  • Support FP16 HDR+MSAA
  • Support GDDR4 memories
  • Close to 700M transistors (G71 - 278M / G70 - 302M)
  • New AA mode : VCAA
  • Core clock scalable up to 1.5GHz
  • Shader Peformance : 2x Pixel / 12x Vertex over G71
  • 8 TCPs & 128 stream processors
  • Much more efficient than traditional architecture
  • 384-bit memory interface (256-bit+128-bit)
  • 768MB memory size (512MB+256MB)
  • Two models at launch : GeForce 8800GTX and GeForce 8800GT
        :GeForce 8800GTX : 7 TCPs chip, 384-bit memory interface,
        hybrid water/fan cooler,water cooling for overclocking. US$649
        :GeForce 8800GT : 6 TCPs chip, 320-bit memory interface,
        fan cooler. US$449-499

posted by Xune @ 18:19   links to this post 0 comments

0コメント:

コメントを投稿

この記事へのリンク一覧:

リンクを作成 | バックリンクについて | バックリンク一覧

Previous Posts