realforce

Gamer Book

土曜日, 4月 14, 2007

[PCエンジン] ときめきメモリアル

オープニング

『ときめきメモリアル』は、1994年5月27日、コナミ(※)からPCエンジンSUPER CD-ROM²向けに発売された恋愛シミュレーションゲームである。「ときメモラー」(略して「メモラー」とも)と呼ばれる熱狂的なファンを集めた。

略称は一般的に『ときメモ』として知られているが、コナミの公式な略称は『ときめき』とされている。これは当初『ときめき』を正式タイトルにする方向だったことから来ている(『ときめき』では商標が取得できなかったため、『ときめきメモリアル』と改題された)。ただ、最近は公式でも『ときメモ』の略称が用いられていることが多々ある(『ONLINE』のCMなど)。

このゲームの主人公(プレイヤー)は架空の私立高校「きらめき高校」に入学した男子生徒である。主人公は、教室で隣の席になった早乙女好雄から「卒業式の日に、校庭のはずれにある樹(伝説の樹)の下での女の子からの告白で生まれたカップルは永遠に幸せになる」というきらめき高校の伝説を聞く。

勉強やスポーツ、部活動などに取り組み、主人公の能力値を高め、幼なじみで憧れのヒロイン・藤崎詩織の理想に近付け、さらにはデートを重ねて親しくなり、卒業式の日に伝説の樹の下で彼女からの告白を受けることがこのゲームの目的である。

『ときめきメモリアル ~forever with you~』のオープニングムービー(起動後一定時間操作がないと始まるムービー)では、主人公藤崎詩織のナレーションで始まり、オープニングテーマが流れる。

私は、この手のゲームが苦手で、速攻でクソゲ認定していたが、後の大ブームには驚いた。

ラベル:

posted by Xune @ 12:12   links to this post 1 comments

この記事へのリンク一覧:

リンクを作成 | バックリンクについて | バックリンク一覧

Previous Posts